2016年9月13日火曜日

ついに念願のかずら橋を渡った

ずっと来て見たかった大歩危

山に囲まれた平家落人の里 LTEも不安定



バスに揺られて20分位でいよいよかずら橋バス停到着

かずら橋は一方通行 渡るのに550円 高い!
 つかまらないで渡れる人尊敬する
橋の真ん中あたりで決死の覚悟で撮った一枚
ようやく渡り切った ホッ
対岸から見ているので充分

でも富士山と同じで一度は体験しないと
びわの滝を見て
看板にゃんこに手招きされ

茶屋でいっぷく

郷土料理のでこまわし

アマゴ
やっぱりこれ見ると秋なんだと思う

温泉を目指してテクテク15分

懐かしのボンネットバス発見

ここで温泉楽しもうっと
撮影日:2016.09.12

のいち動物園を2日楽しんだ後は、前回行く予定だったけかずら橋についについにやってきました。雨が降る予報だったけれど、それなら温泉だけでいいやと腹をくくって高知から電車に乗ったら、ときおり薄日までさしてきたので、とにかく降らないうちに渡ってしまうことにしました。
下を見るから怖いのだと言うのは重々わかっているのですが、板の間隔が不ぞろいなので、足元を見ないと22.5センチの足がズボっと入ってしまいそうでどうしても見てしまいます。どの人もおかしい位へっぴり腰で、いやあ空いている平日でよかったし、雨じゃなくてよかった。傘をさしてなんてとてもじゃないけど無理だぁ。来ていた観光客、日本人よりも個人旅行の中国、韓国の方が多くてみなさん、橋を渡ってる最中は無言で固まってました。万国共通?
あまごはずっと食べて見たかった川魚、めっちゃのはっちゃんが食べてたのを見て気になっていました。身がややピンクがかったちょっとマスに似た色でおいしかったです。
歩数計、途中で電池切れになってしまい、記録なしです。

0 件のコメント:

コメントを投稿