2015年4月7日火曜日

セスジキノボリカンガルーのタニちゃんにハートを射抜かれました


お食事中。


セスジの意味はこれでわかります。
背中にファスナーついてる。

爪もするどい。

しっぽはかなり長いです。

猫のような動き。

なにやらほじくってます。




木登りはお得意なのでしょうけれど、降りるときは後ろ向きで、慎重でした。






今度は木登り ↓


え~もう帰っちゃうの?



某アニメでは、コーヒー豆の達人焙煎士のキノボリカンガルーさん。
ズーラシアにいるのは、セスジキノボリカンガルーという種類で、おっとりマッタリタイプですが、やるときはやる静と動の切り替えがハシビロチックです。

この子はタニちゃん、8歳の女の子。
別の場所にいる年上のもう1匹の♀よりは、活発とのこと。


一連の動きを見せてくれた後、おうちに帰っていきました。
これだけいろんな姿を見られたのはラッキーだったと言えそうです。

日本でキノボリカンガルーが見られるのは、ズーラシアだけとか。
なので、首都圏在住の私は、遠いとか言ってたらバチが当たります。

この子に会うだけでも、ズーラシアに行く価値あり。
すっかり、その魅力にはまってしまいました。



撮影日:2015.04.04




0 件のコメント:

コメントを投稿