2014年11月28日金曜日

ユキオとお別れ



 


 
 
 
今日は外回り日でした。
駅のお花屋さんで、大急ぎで小さな花束を作ってもらい、ユキオの元に向かいました。
土の放飼場に、今でもユキオがゴロンと寝ているような気がして、信じられない、信じたくない・・・・
しかし、泣き顔のお客さん数人とすれ違い、献花台が見えてくると、涙がこみあげてきました。
釧路動物園の園長の言葉にあるように、ユキオは本当におっとりとしていて、いつも私の心のとげとげをまあるくしてくれ、あったかいフカフカのお布団のような存在でした。
 
プールではデアちゃんがひとりでホッキョクグマ舎を盛り上げてくれていました。
ときおり、寝小屋続く階段を上っては、ユキオ爺ちゃん、どこにいるの?ってウロウロしている姿を見ると、ますます胸がしめつけられました。
 
でも、湿っぽいのはよくない、今度こそレイコさんと天国で結ばれて、幸せになるんだから、ユキオを明るく送り出そう。
 
ユキオ、上野動物園に帰ってきてくれて本当にありがとう。
 
 
今日の歩数:15587
撮影日;2014.11.28


0 件のコメント:

コメントを投稿