2014年10月1日水曜日

笹川流れ


村上駅では布製の塩引き鮭がお出迎え
 

村上の鮭は、首つりを連想させないように頭を下に吊るします。
お腹も切腹を嫌い、すべてを切らずに一部を残す独特の切り方になってます。
町では屏風まつりを開催中。こちらは老舗のお茶屋さんの屏風。
おいしいお茶も淹れていただきました。
 
村上から普通列車で、笹川流れの最寄り駅の桑川へ。

道の駅とJRの駅が同じ建物の中

笹川流れ遊覧船の乗り場は徒歩10分なのですが、マイクロバスで送迎してくれました。
しかも、船に横付け。乗船券は中で買ってと言われ、私たちを乗せた船はすぐに出航となりました。

 


観光船のまわりを飛び交うカモメ
これぞ日本海の青
桑川港
カナガシラの干物を試食、美味しかったのでお買い上げ。
イカ干し風景
 
乗船場そばの干物市場。
観光船と同じ経営のようで、マイクロバスで送迎してくれたおじさんが焼いてました。
見たことのない地魚の干物がいっぱいで、しかもとっても安くておいしかったです。
 
夏は生牡蠣が有名ですが、秋の主役はイカのようです。
 
港の秋景色その1





港の秋景色その2
夕日のオブジェ
真っ赤な夕日が期待できそうでしたが、帰らねば。


帰りの車中で、ミニ宴会。
 

桑川の市場で買ったでっかい新米のおにぎり。
シンプルだからお米の旨さが引き立ってました。
笹の香りがさらに食欲をそそりました。
こちらも桑川の市場で買ったおつまみセット。
地魚の干物がてんこ盛りでワンコイン。

 
笹川流れ、松島なんかと比べると知名度は地味ですが、素朴で観光地ズレしていない好感のもてるところでした。
 
実は昨年の6月も村上までは来たのですが、波が高いため観光船が欠航とのことで断念。
今回が2度目のチャレンジで、成功しました。
しかも、前日は快晴なのにもかかわらず、台風崩れの強風で欠航だったそうで、ラッキーでした。


 
 

今日の歩数:8265
撮影日:2014.9.27


0 件のコメント:

コメントを投稿